排除すべき7つの言葉




言わないほうがいい言葉があります。

その中でも、この7つは特に言わないようにして、他の言葉に言い換えましょう。

 

1.すみません

「ありがとう」に言い換えましょう。

謝る必要のない場面でも「すみません」を使うのをやめることです。

 

2.でも・だって

「なるほど」に言い換えましょう。

でも・だってと言うことで、人の流れをせき止め、はねかえしてしまいます「なるほど」と一旦受け入れましょう。

「なるほど」=「あなたはそう感じるのね。私はこう感じる」と伝えてみましょう。

 

3.無理・できない

「やってみます」に言い換えましょう。やる前から無理・できないと言うことで可能性を閉ざしてしまいます。

 

4.どうせ

どうせ=思い込みです。
思い込みはやめましょう

 

5.嫌い

「苦手」に言い換えましょう。

「嫌い」と言っているとそれが全部、潜在意識に入っていきます。苦手ということで、言い方がマイルドになります。

 

6.難しい

「簡単・楽勝」に言い換えましょう。

 

7.悪口

悪口を卒業しましょう。

脳は自分と他人を区別できません。悪口を言わないようにしましょう。どんな人も素晴らしいところを持っているので、そちらに意識を向けましょう。

 

最小限の力で、最大限発揮していきましょう。

 

 

 

このビックリ現象は本当か?!奇跡の「夢を叶える場」!!

Related Post

存在給を上げる方法存在給を上げる方法



存在給とは自分の存在だけで貰える給料・お金のことです。   存在給が低い人は、頑張って、稼ぎ口を増やさないと生きていけません。 残業する、頑張る、手当てをもらう、という努力をし始めます。 これは歩合給になります […]

前者と後者前者と後者



世の中には男・女がいるように、脳のタイプにも2種類いると考えられています。それを前者・後者と定義づけしましょう。   前者とはマルチタイプ 主に、マルチに能力を発揮して視野が広く、器用で、同時進行ができて、ウィ […]